介護脱毛に関する情報を掲載。早いうちの脱毛をおすすめする理由や、介護脱毛に適したサロンなどをご紹介しています。

介護脱毛のススメ

介護脱毛に関する情報を掲載。早いうちの脱毛をおすすめする理由や、介護脱毛に適したサロンなどをご紹介しています。

介護脱毛はエチケット 将来の介護に備えてデリケートゾーンの脱毛を



介護の仕事をされている方や、自分の親を介護したことがある方なら分かるのではと思いますが、おむつ交換の際、デリケートゾーンの毛の量が多いと時間がかかります。

毛に汚れが絡み付きやすくなり、それをきれいにふき取ろうとするからなのですが、これ、毎日のことなので結構大変です。

また、きれいにふいても汚れが完全に落ちていないのか、デリケートゾーン一体の肌が不衛生になりかぶれやすくもなるため、介護する側だけではなく本人にもデメリットは多いのですよね。

いっそのこと、長い毛だけカットしてしまいたい衝動にも駆られますが、相手が誰であろうとさすがにそれはできません。




アンダーヘアの問題については、介護がはじまった時点でもうどうにもならない事なのですが、例えば自分が将来、介護をされる側になった時のことを考えると恥ずかしくなります。

当然ですが、明るい部屋でおむつを替えるので、汚れた状態が丸見えなんですよね。また、介護をしてくれる相手に対しても申し訳なくなります。




同じように考える方が多いからなのか、近年では、40代〜60代女性でVIO脱毛の施術を受ける方が増えているのだとか。

「介護脱毛」なんて言葉もあるくらい。

本当は、VIO脱毛をするのなら若いうちの方が良いのですが、デリケートゾーンのことについては、実際に介護をやってみなければわからないため、若いころに脱毛しておいた方が良いということに気づかないんですよね。

多分皆さん、両親の介護をしたり、同じ年代の友人などに介護の大変さを聞くことで、介護脱毛を決心するのではないかと思います。

最近は脱毛もかなり安くなり、気軽に受けやすくなったというのも脱毛人口が増えている一因だと言えそうです。



脱毛するなら、デリケートゾーンが白髪になるまえに

もし、40代を過ぎてからVIO脱毛をはじめとする脱毛を考えているというのなら、できるだけ急ぐようにしましょう。

なぜなら、毛が白髪になってしまうと簡単には脱毛ができなくなるからです。

レーザー脱毛も、脱毛サロンの光脱毛も、毛の黒いメラニン色素に反応させる事で脱毛させる仕組みであるため、毛が白いと、レーザーも光も反応しなくなってしまうんです。

頭髪などに比べると、アンダーヘアは白髪にはなりにくいようですが、それでも40以降になると、年齢とともにちらほら白いものが増えはじめることがほとんど。

実際、40〜50代以降でVIO脱毛を行ったけれど、白い毛だけが残ってしまい、もう少し早く始めておけばよかったと後悔している人も少なくはありません。

実際には白髪でも脱毛できないことはありませんが、今のところ痛みを伴う脱毛方法しかなくコストもかかるため、介護を踏まえたVIO脱毛を考えているのなら、できるだけ毛が黒いうちに脱毛するに越したことはないといえるでしょう。



Copyright (C) 2017 介護脱毛のススメ All Rights Reserved.
PageTop